白崎海洋公園

2016/8

お盆休みも今日で終わり。ということです。
昨日は実家で親戚と集まったりしてましたので、今日は一日フリー。
「あー明日から仕事か~」なんていよいよ実感を持ち始めた最終日で、
気分がだるくなってきたのを感じつつ、とはいえ家にずっとおるのもなぁ~ と、
けど出かけたら帰ってきたらそれこそもう1日終わり… という思いがお互いに主張し合うなか、とにかくドライブでも行くか。と出発したわけです。

和歌山県白崎海洋公園へ

この時期は夏休みという事で、正直どこ行っても混んでます。
前から海行きたいな~と思ってたんで、白崎海洋公園に行こかな~とは思ってましたが、
高野龍神スカイラインもええなぁと悩んだりしてました。
ただ龍神スカイラインはアクセスが悪い。もっとサクっと寄れる位置にあればいいのに。と思って今回は白崎海洋公園に行きました。

広川IC

広川IC


湯浅御坊道路の広川ICで降ります。
ここまでは普通にナビ使って高速道路に誘導されて普通に行けばOKなんですが、

分かれ道

分かれ道

ICからずーっと道なりに行ってると、↑こんな分かれ道が現れます。
ナビは右ルートを推してきますが、目の前の看板では左に白崎海洋公園とか書いている。どういうこっちゃ?と迷っていると後続の車2台くらいがスーッっと右ルートへ進んでいく様子を見ていると、あれ?全然いけるんじゃ?なんて思ってしまい。私も右へ行くことにしました。そしたらもう

狭すぎ!

狭すぎ!

完全にミスった。って感じですね~!

ちなみに左側を通ると、

広い道

広い道


こんな感じの快適ドライビングルートとなるのでびっくりですね。
ちなみにこれは帰りに撮りました。

普段2車線以外はできるだけ避けてるので、なかなかスリリングな冒険状態でした。
いつ、前から車が現れるのかドキドキしながら

すれ違い

すれ違い

来た時もはもうヒエエエーって感じで…
幅寄せスキルとかが上がったような気がしました。
そうこうしている内に海岸が。

海岸が見える

海岸が見える

衣奈海岸

衣奈海岸


衣奈海岸です。海水浴ができますよ。
子供の頃家族でよく来たことを思い出し、やっぱ昔のイメージより全然狭いナァなんてありきたりなことを考えてしまいました。
昔は船で釣りに行ったりもできましたが、今もできるんでしょうかねぇ…
昔泊まった旅館も、なんか小っさ! って感じで。
ありきたりやけどやっぱそう思うもんなんやな~ と思いました。

いつかまた泊まりに来たいなぁと思いつつ通り過ぎます。

狭い道ふたたび

狭い道ふたたび

またまた狭い道です。こっちは北側から白崎海洋公園に行くルートだと避けて通れない?かと思います。
遠くなりますが、南側から回り込むルートだと広いかもしれません。

この狭い道を越えるといよいよ

白崎海洋公園ゲート

白崎海洋公園ゲート

白崎海洋公園に到着しました。
ちょっと午後も夕方に差し掛かっているころで逆光になっております。
ちなみにこんな時に限ってメインのデジカメが充電切れだったのでスマートフォンのカメラで撮ってます。なんでやねん。

道の駅

道の駅

ちなみに白崎海洋公園は2009年に道の駅に指定されております。

エーゲ海?

エーゲ海?

白亜の岸壁!日本のエーゲ海!とも言われてるそうです。

群青色の海

群青色の海

白亜の岸壁

白亜の岸壁

いやーやっぱり海は良いですね。
まぁ海自体は近所(大阪湾)へ数分車を出せば見れるといえば見れるわけですが、
やはり綺麗な海は全然違いますね~

だけどちょっと暑すぎて困る。
やはり来て見るだけならもうちょっと涼しい方が良いな…と正直思いました。
それから、カップルが多く、カップルがはしゃいで写真を撮るなか、私のようなドライブレポーターがソロ活動するにはちょっとしんどいものがありました。
もっとツーリングレポーターとかが居れば… まぁカップルで来たらええ話でしょう。

白亜の岩壁とNB

白亜の岩壁とNB

記念

記念

やっぱりでもこの岩壁は確かになかなか普段お目にかかれるもんじゃないですね。
なかなか圧倒されるものがあります。
今日は明日仕事という微妙なプレッシャーに負けて混まないうちに帰ろうとしたんで、あんまりゆっくりできませんでしたが、次回来るときは途中でどっかに寄ったりしたいですね。
そして、夏以外の季節にも来てみたいですね。

ちなみに、白崎海洋公園に行くまでの山道は結構楽しいです。
もちろん広い方の道です。
近所にあったら間違いなく通って走りに行くでしょうねえ。

Comments are closed.