シミュレータ系レースゲームの作り方

シミュレータ系レースゲームの作り方: 自動車物理プログラミングでリアル挙動を実現!

自動車の物理計算をどうやってプログラムに使うかを解説。
自動車物理の教科書は多々あるもののプログラムにする前提で説明した本はなかなか見当たらず、Tourer製作の時は色々と悩みましたので、その経験を基に執筆しました。

○車の物理計算に興味がある方
○車の仕組みにそったプログラムを作りたい方
○車のゲームに物理計算を少しでも取り入れてみたい方

にとっては、本書は役に立つと思います!

Amazonで購入する

 


【目次】
はじめに
1.準備
オブジェクトの準備
車の構成
2.エンジン
エンジンのトルク
回転速度の計算
3.タイヤ
タイヤが車の挙動を決める?
タイヤの考え方
接地荷重
滑り比
滑り角
摩擦係数
タイヤの力計算
4.ドライブトレーン
車輪の回転
エンジントルクを伝える
ミッション操作
5.そのほか
ハンドル
サイドブレーキ
ABS等
ダウンフォース
エンジンサウンド
あとがき

詳細を見る

Comments are closed.