日頃 Archive

おもちゃ買った

トミカよりチョロQ派

トミカよりチョロQ派

そういやロードスターのチョロQって昔あったような・・?と思い、さっそく検索して買ってしまったのだ。
最近のチョロQ事情については詳しくなかったけども、
一度チョロQシリーズの販売が終了?してしまったことは聞いたことがあり、
今ちょっと復活しているようだが、昔みたいにズラーっと並んでいるのは見たことがない。

NBロードスター

NBロードスター

ちなみに1000円ちょっとだった。
もともとは400円くらいで買えた気がする。
生産・販売終了しているから仕方ないですね~。

シャシー裏にチョロQHGとかかれたシリーズで、私の記憶では、HGというシリーズのあと、チョロQとしか書いてないシリーズがしばらく出ていたように思うので、結構古いと思われる。
作りも正直言ってしょぼいが、懐かしい気分になれたので満足。
多分クローゼットに昔買ったチョロQが眠っているはずなので、
10年以上ぶりのコレクション追加というわけだ。

理想としてはリメイクで出してほしいところ。

読書をしよう

私は学生時代ほとんど本を読みませんでした。
(ここでいう本というのは小説・漫画ではないです。)、

その時はなんとも思ってませんでしたが、
今となっては本を読んだり勉強したりできる時間というのは、
学生時代と比べて圧倒的に少なくなってしまってます。
もちろん仕事とか必要に迫られて勉強したりすることはありますが、
そうではない知識を得るにはもはや自分から時間を割かなくては、
授業や講義で得ることはできないという状況になりました。

これはとてもマズイ。と思い、
いよいよ読書して勉強しようというわけです。
とはいっても、仕事から帰ってきて飯食ったりいろいろしていたら
大して時間なんてないわけです。
ダラダラしたかったりプログラミングしたかったり、ドラマみたり映画みたり
そういうときももちろんある。
やはり学生時代にやっておくべきだったと思いながらも、
いまさらどうにもならない。そこで1月からとにかく寝る前最低10分でも本を読むことにしました。

最近本屋にいくと大体新しく買ってしまうので
次から次へと読む予定本が増えていってしまっている現状で、

この読書がプログラミング速度低下を招いているとかいないとか。

スパム投稿

このブログは、みなさんご存じWordpressを使っているわけですが、
管理画面に入ると、プラグインの更新があったり、新着コメントがあったりすると項目の横に数字が光って出てくるんです。

もちろんコメントの項目が光って数字がでてると、
ややっ と思うわけですよ。

ところがですね、最近やたらとスパムコメントがついていてですね。
コメント(11) の時点で正直、え?ありえんだろ。 ってなもんですが、
開いてみるとやはりスパムで萎えるという具合です。

話は変わりますが、
車買いたいという最近の思いをこの前書いたのですが、
4月になってから買わないと税金払わないといけなくなって損とかいう話を聞き、
今のところまた待機中です。
車の動画とか見るといてもたっても居られなくなるのでそれも封印っぽくしています。

1月は会社の会議やら行事やら新年会やらやたらと目白押しで大変だったんですが、
それも大体おちついてきて、明日をのりきれば9割終わったようなもんです。
がんばります。

そろそろ車を

私事ですが、
そろそろ車を買おうかと思ってまして。

とはいえ、まだ車を所有したことがないもんで、
もっぱら家カーをしか乗らず、またそれすら月1くらいの頻度というわけで
去年の春に再び教習所に行ってたわけですが、
いよいよ買う時が来たというわけです。

ほんとはスポーティーな車を乗りたいんですが、
私の好きな車は旧車っぽくなってくるので
まずは軽で練習してそもそも普通の車慣れてからにするという目論見です。

近頃は寒すぎて週末ディーラーに行く気にすらあんまりならないレベルだったのですが、
そろそろ本当にほしくなってきたので
今週末来週末くらいから動き出したいと思ってます。

AE86レビンの玩具

こんにちは。
更新頻度を増やして頑張るぞ!ということで意気込んでいて、
早速間が開いてしまいました。

これではいかんということで、
今年は何かしら内容を選別せずに?やっていきたい。
と思い、あれこれこだわらずに継続を目指します。

そしてタイトルの件ですが、
この前ふとコンビニへ寄ったら、
TOYOTA 86,AE86トレノ/レビン の3台のうちどれかが入ってるという玩具が売っているのを発見し、
たしか900円ぐらいだったので、
ちょっと高いなあと思いつつ買ってみました。

levin1

そしたらハチロクレビンが出たわけです。
あんまりこの手の玩具について詳しくないので
比較とかはできないんですが、結構よくできるんじゃないかとおもいます。

AE86好きの私としては新型じゃなくて良かったと喜びつつ、
もともとはトレノのほうがよかったという心残りがあったのは事実。

けどこれを机の上に飾っているうちに
最近ではレビン良いなと思いだしたので不思議なもんですねえ

そういやトレノのプラモデルを去年の夏ごろ買って、
まだ作りかけで放置してたんですが、
トレノ途中にもかかわらずレビンも買いそうになりつつあるこの頃です。

2016年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

一年間、最中いろいろなことがありましたが、
なぜかあっという間に過ぎてしまいました。
とはいえ、もう一度味わってみるか?といわれると、
やっぱり全然短くなかったような気がするので不思議ですね。

ところで去年のはじめの投稿を見返し、
そのあとすぐに今年は~と意気込みを語っていたのですが、
見返してみますと、

何かしらつくって公表していくだの、
ブイQを完成させるだの、
HSPコンテストに出るだの、
何やら一つも満足に達成できてないような記事でした。

年末近くになってようやくプログラミング熱が復活し始め、徐々にではありますが、
進捗を報告したりできている現状でした。

このような生産的活動をもっと続けていきたい。
なにもプログラミングに縛られずにやっていきたいと思います。
見返してみれば、ブログもツイッターも大して変わらないような内容ばかりでございましたので、
もっといろいろと発信していきたいと思います。
そして更新頻度を増やしていく。ということを目標にがんばります。

2016年 オレン

Unity使ってみた。

以前Unityの本を注文していて、
とっくに届いているわけではあるけども、
本を注文する前に色々ネットの情報を漁っていた時に見つけたサイトとかに書かれている解説を、
先に実践してから本を読もうと思ってさっそくやってみた。

このサイトである。
Unity 5でコインプッシャーゲームを作ろう(前編)

Unityが急速に普及してきていたせいか、
解説ページの一部はバージョンが古く、
自分がダウンロードしていたUnityの画面と違う!ということも度々あったなか、
この↑サイト様のは現行verっぽかったので、わかりやすかった。

途中スクリプトを打つところでは単純にコピペしようとすると、
行番号まで入ってしまい消すのが面倒なため結局手打ちしたほうが楽に感じ、
全部直に打っていくことになるという、一見不親切設計と見せかけて、
ある意味入門者のことを考えているといえるような構成である。

しかし、rigidbodyと書かれている部分がRigidbodyに直さないと動かなかったりということがあったのは初心者向けとしてはマズイと思う。

というわけで、手順に沿ってコインプッシャーゲームを作ってみた。
まだなんとなくの手さぐり状態であるので、
ゲーム作ってるのか動く3Dモデリングツールで遊んでいるのか曖昧な状態である。

けど結構おもしろそうなので、次は買ってきた本を読んでみたいと思う。

Unityに熱視線 & 己の小物さに嘆くの巻

1日費やしていろいろ探し回った結果、Unityに興味が沸いてやってみることに。

動画とかサイトとか見る限り、UIとかゴチャゴチャあってややこしそうだけど、
いろんな機能があってすごく便利っぽい。
物理演算とか、シェーダーとか勝手にやってくれるとか、あのデバッグめんどくさい奴から解放されるのか!!と思うと
思わずダウンロードしてしまっていた次第である・・・

だがここでどうしても少し感じてしまう、このためらいは、
便利そうすぎて甘え感があるような気がしてしまうせいかもしれない。

これは、今まで私が物理演算やらめんどくさいことを自分でやってきて、

めんどくさいややこしい難しいものをやってこそのゲーム制作

みたいな考え方になってしまっているせいだと思う。

「RPGツ○ール?めんどくさいシステム基盤から作ってこそ自作ゲームだろ!」

みたいな思想ができてしまっているというわけである。
つまり、
「俺はこんなに苦労してめんどくさい部分をやっているのにこいつら便利ツールをつかって楽しやがって!許せん!!」

とか
「俺はゲームを作るために苦労してプログラミング言語を覚えたのに、それを省くなんて許せん!!」

という小物臭とか、老害臭がプンプンする思いが心の奥にあるのである・・・なさけない。

しかしゲームを作るということを考えれば、
物理演算やシェーダーなんてゲームの内容とは関係がない部分である。
難しいプログラムを自分で実現した!という達成感はなくなるかもしれないが、
それはゲーム制作とは関係がなく、プログラムする立場の人間だから思うことである。
興味がない人からすると、だれが作っても完成したら同じようになる物理演算やシステム部分なんて、
どうでもいいからゲーム本体部分に集中させろ!というわけで、
それを実現できれば、やりたいことに集中できてすごく効率が良い。

いつの間にかゲームを作りたいという本質的なモチベーションを忘れていたのだ。
すごそうなゲームのプログラムを作り、すごいですね!と言われたがっていたのだ。

深く反省しつつ、思いのほか長いUnityのダウンロード&インストール完了を待とうと思います。

実際に近いプレイをしてみるテスト

先週末に風邪をひいてしまい、情けないことに会社を1日休む羽目になってしまってました。
一日中寝て、飯くってまた寝る。という完全な病人生活を1日すごしました。

とかなんとかやりながら、会社でExcelVBAを使ったりしているうちにプログラミングに触れる時間が増えてきまして、やっぱこれだ。と再認識してきたところです。

どうも最近はプログラミング=ブイQを作らねば という意識がありすぎて、どうも趣味が趣味でなくなっていたかのような気がします。
ブイQを完成させるまで他のことはやめよう、と必要以上に制限していたかもしれません。それを解放しようとおもいます。
ブイQをやめるわけじゃありません。あんまりやる気がないときに義務感からプログラミングするのをやめようと思うのです。
結局そのほうが良いものができると思います。

そして「タイトルの実際に近いプレイをしてみるテスト」ですが、
これはブイQでですね、今まで部分部分テストしていたのを、
実際のプレイ、つまりレースしてお金ためて・・・という
一連のゲームの流れを通してテストしていくということです。

この時点でこのパーツ値段設定はおかしい!とか
敵車はやすぎ!とか
パーツ変わったらAIの動きがおかしい!とか
1位予定のAIより2位予定のAIのほうが速かったりとかですね。

色々わかってきまして、わりとブイQの製作も終盤ですが、
なかなかまとめるのは大変なのを実感したところです。

あとは良い感じのメニューとか、
その辺を整備するのもね・・・
メニュー画面とかは → と 文字 でテキトーにやるのが常なので
綺麗なかんじにするのはめんどくさい。

やはり定期更新は難しいので

つまらんことでも書いて定期更新するとか言っていたが、
やはりこういうプログラミングメインのサイトである以上、
書けるネタも限られてくるので結局難しく、
半月以上空いてしまいました。
やはり当面昔に戻って、ある程度進んだらブログに書き、
そうでない時はツイッターでつぶやくスタイルに戻そうかと思います。