AE86レビンの玩具

こんにちは。
更新頻度を増やして頑張るぞ!ということで意気込んでいて、
早速間が開いてしまいました。

これではいかんということで、
今年は何かしら内容を選別せずに?やっていきたい。
と思い、あれこれこだわらずに継続を目指します。

そしてタイトルの件ですが、
この前ふとコンビニへ寄ったら、
TOYOTA 86,AE86トレノ/レビン の3台のうちどれかが入ってるという玩具が売っているのを発見し、
たしか900円ぐらいだったので、
ちょっと高いなあと思いつつ買ってみました。

levin1

そしたらハチロクレビンが出たわけです。
あんまりこの手の玩具について詳しくないので
比較とかはできないんですが、結構よくできるんじゃないかとおもいます。

AE86好きの私としては新型じゃなくて良かったと喜びつつ、
もともとはトレノのほうがよかったという心残りがあったのは事実。

けどこれを机の上に飾っているうちに
最近ではレビン良いなと思いだしたので不思議なもんですねえ

そういやトレノのプラモデルを去年の夏ごろ買って、
まだ作りかけで放置してたんですが、
トレノ途中にもかかわらずレビンも買いそうになりつつあるこの頃です。

2016年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

一年間、最中いろいろなことがありましたが、
なぜかあっという間に過ぎてしまいました。
とはいえ、もう一度味わってみるか?といわれると、
やっぱり全然短くなかったような気がするので不思議ですね。

ところで去年のはじめの投稿を見返し、
そのあとすぐに今年は~と意気込みを語っていたのですが、
見返してみますと、

何かしらつくって公表していくだの、
ブイQを完成させるだの、
HSPコンテストに出るだの、
何やら一つも満足に達成できてないような記事でした。

年末近くになってようやくプログラミング熱が復活し始め、徐々にではありますが、
進捗を報告したりできている現状でした。

このような生産的活動をもっと続けていきたい。
なにもプログラミングに縛られずにやっていきたいと思います。
見返してみれば、ブログもツイッターも大して変わらないような内容ばかりでございましたので、
もっといろいろと発信していきたいと思います。
そして更新頻度を増やしていく。ということを目標にがんばります。

2016年 オレン

パソコン新調

ご無沙汰しております。

年末で仕事が忙しく、しばらく投稿できていませんでした。
そして、年末休みを利用して最近不調のパソコンを思い切って新調し、
いよいよセットアップ&移行作業も終わったところです。

んで、今使ってるソフトの都合上Win7がよかったんですが、
今更新調してWin7はどうかという気もあり、
結局Win10にしました。

おかげで動かないソフトもあって困っております・・・

が、プログラミング環境のほうさえ動けば、
動かないゲームは我慢すればいいし、
ソフトも、妥協すればなんとかなる。

というわけで、プログラミング環境の死守は絶対だったわけですが、
先ほど確認したところ、

other1

いやー動いてよかったです。

Windows10でもブイQは動作可能というわけですな~

Unity使ってみた。

以前Unityの本を注文していて、
とっくに届いているわけではあるけども、
本を注文する前に色々ネットの情報を漁っていた時に見つけたサイトとかに書かれている解説を、
先に実践してから本を読もうと思ってさっそくやってみた。

このサイトである。
Unity 5でコインプッシャーゲームを作ろう(前編)

Unityが急速に普及してきていたせいか、
解説ページの一部はバージョンが古く、
自分がダウンロードしていたUnityの画面と違う!ということも度々あったなか、
この↑サイト様のは現行verっぽかったので、わかりやすかった。

途中スクリプトを打つところでは単純にコピペしようとすると、
行番号まで入ってしまい消すのが面倒なため結局手打ちしたほうが楽に感じ、
全部直に打っていくことになるという、一見不親切設計と見せかけて、
ある意味入門者のことを考えているといえるような構成である。

しかし、rigidbodyと書かれている部分がRigidbodyに直さないと動かなかったりということがあったのは初心者向けとしてはマズイと思う。

というわけで、手順に沿ってコインプッシャーゲームを作ってみた。
まだなんとなくの手さぐり状態であるので、
ゲーム作ってるのか動く3Dモデリングツールで遊んでいるのか曖昧な状態である。

けど結構おもしろそうなので、次は買ってきた本を読んでみたいと思う。

20151129 プログラミング漬

会社からの要請で、Skypeで英会話レッスンを受けているんですが、
金曜日に、

講師「今日はどうでしたか?」
私「いやー疲れました。けど明日は休みなんでサイコーです。」
講師「なるほど。どこかへ遊びに行ったりするんですか?」
私「いえ、ずっと家でパソコンつかいます。」
講師「Oh…」

というわけで、ずっとプログラミングしてました!
何を追加した!という大きな変化はないんですが、
テストプレイしながら問題発見しては直し、というのを繰り返してました。

なにを追加したか大体しか覚えてませんが、

・レースクラスを追加した。
・クラス規定パーツより高いものを付けていたら参加できないようにした。
・挙動修正 前より難しくなった。
・進捗でコースが解放されるようにした。
・メニュー画面からロードして再開できるようにした。
・パーツを順次開放されるようにした。
・値段を調整した。
・スペシャルカラーがゲーム内で適用されてなかったのを直した。
・データセーブがBクラスまで進むとおかしくなったので直した。
・一部コースがいつまでたっても出てこないのを直した。

とかそんな具合です。
Unityの本を週末に読もうとおもって注文したんですが、
結局時間なくて読めませんでした笑

vq19

20151123 大したことなく

日に日に朝が暗くなってしまい、
起きるのが辛いです。

そして今日の進捗はですね、

1,ゲームパッド設定でキャンセルボタン設定した瞬間キャンセルが効いてしまい、設定はされるがメインメニューに戻ってしまう現象を対策
2,ペイントショップの解説文言が機能してなかったのを修正
3,連続でデータロードを繰り返すと文字が重なってしまうのを修正

というわけで
え、少ない!と思ったあなた。
実はわたくし今日は出勤でしてね・・・勘弁してくださいというところです。

こういうどうでも良さそうなところも重要で、
遊びの機能には関わりませんが、
ちゃんとやっとかないと、イメージが悪いですよね。

多くのゲーム開発者が未完成ながらも遊ぶことはできるゲームを大量生産しているのは、
どうでもいいところを作りきるまでモチベーションが続かなかったからでしょう。
その気持ちはめちゃくちゃわかります。

だから最近メニュー画面とかの演出とかがしっかりしてる個人製作ゲームを見ると感動してしまいます。

20151122進捗

最近のマイブームはビートルズを聞きながらプログラミングすることです。
音楽には疎く、中学に入るまでオーディオの類は持っておらず、またCDも何一つ持っていないという具合でした。
そんな中で英語の授業中に聞いたビートルズを気に入り、当時ひたすらそれを聞くことになったのです。
その頃が私のプログラミング黎明期とでも言える時で、
当時を思い出しつつプログラミングすると異常に捗ることに気づいたのです。

…というわけで、

主な完了分は

(1).メニュー画面等のサウンド追加
(2).敵車AI設定ツールの改良
(3).ゲームパッドの対応

(1)今後のため。といったところで、
先に適当な音でも鳴らすようにしておけば後々入れ替えられるといういつものやつ。

(2)自分用に作っていた敵車の運転目印を作るツールが、
あまりにもひどい出来だったので改良した。
vq17
セーブを間違えて押すと勝手に上書きされるあたり今でもなかなかヒドイ出来ではある。
しかし前までは目印データを出力してゲーム内で実行確認した結果が非常に惜しく、
あとちょっとだけ変えたい!というときでもデータをロードすることができず、
1から置き直し。というわけで、その結果また微妙に惜しくなるという判りきった悪循環が起きえたのである。

さすがにこれはマズイということで今更ロードをつけて一部だけ変更したりできるようにした。
本当はマウスでつまんで移動させて…くらいできれば使いやすいのは言うまでもない。
まぁそのうちやるでしょう。

(3)待望のゲームパッド対応ということで、
キーボードゲーマーの自分からすると基本的にパッドは普段使わないので、
あんまりやる気がなかったんですが、友人などからキーボードでゲームとか操作しにくいという話を聞いたりしていたので、いつかは付けようと思ってました。

vq18

昔なにかのゲームで、パッドには対応してないのでJoyToKeyでも使って自分でなんとかしろみたいなことが書いてるゲームをみた覚えがあるのですが、
さすがにそこまで言えるほど心が強くなかったです。
けどまぁ自分でXBOX360コントローラーつかってテストしてみたら、やっぱりキーボードと違ってゲームしてる感がすごかったので、やってよかったと思っとります。ぜひパッドでやってもらいたいという気分です。

ところで自分の書いた文章を見返すと
日によって「だ・である調」だったり「です・ます調」だったりで
なんとも統一感がない。
どっちがいいだろうか。

逆走判定、コースカット判定。

逆走してたり、コースカットしてる様子だったりしたら警告が出るようにしました。
地味な機能で作ってて面白くはないですが、
無いと明らかに手抜きなので付けました笑

vq16

画像は如何にもテキトーに作ったっぽいですが、
そのとおりです。テキトーです。あとから差し替えるのです。

Tourerなんかは結構シビアなコースカット判定でしたが、
ブイQの場合はかなり寛容です。
徹底してコース上を走れ!というようなジャンルでもないかなあ~と思うので。
ただしカットされると明らかに有利すぎるところでは、
某ゲームの某鈴鹿のシケインみたく、急減速する路面だったりしてします。

20151117までのVQ進捗

最近残業続きで、そもそも自由時間が取れないせいで、
他の趣味ピアノやらゲームやら読書やらをやる時間がなくなってしまった。
ゲームは良いとして、ピアノとか読書はちょっとほうったらかしにするのもちょっと気がかりではある…

ところで今日はあまり時間がなかったが、

1.スタート前のカウントに音を追加した。
2.スピン挙動の調整をした。

1については、まだメニュー画面の音の使いまわしではあるが、
あとから音を正式音源に入れ替えればいいだけという状態に持って行っておきたかったので実装した。
先に形を作っておいて、あとから差し替えできるようにしておくほうが、
そのとき最終版かのように徹底するより効率が良い…と思う。

2については、自分で作っておきながらドリフトからのスピンの挙動処理部分が、
いったいどれがなんなのかよくわからず、自分の作ったプログラムを解読しつつ、
今までスピンすると速度がほぼ0km/hの停止状態になるようにしていたが、
それだとかなり巻き返しが辛かったので、40km/hくらいまでで抑えるようにした。
ブイQの場合、順位が低いと自分の性能が上がったりする機能を排除しているので、
スピンしてクラッシュしてしまうとレースシムかというくらいの影響が出る。

正直レースシムではないので、
性能が拮抗していたら1回スピンしたら終わりに近いのは望ましくない。
とはいえ離れすぎると性能が上がる、というのはどうもやりたくないので、
NPCもミスするようにしているわけである。

調整するとしたら離れすぎていたらNPCのミス頻度が高くなる、くらいなら自然だろうか。

20151116までのVQ進捗

・タイトル画面をすこし拡張
・パーツの値段を設定
・それに伴ってパーツ購入処理一部追加
・ショップ画面でパーツ装着時の性能変化を見れるように

vq15

左上のいかにも適当に作ったロゴは
あとから差し替える予定の、ようするに目印なので、
どうか気にしないでいただきたい!