日頃

新しい相棒はミッドシップ

先日、NB8Cロードスターとお別れしたと記事を書きました。

記事で書きましたが、お別れしたのは遠方に転勤になったとかいう理由ではなく、

車を乗り換えた為でした。

というわけで新しい相棒をご紹介します。

 

 

 

SW20

SW20型MR2です!

5型G-Limited 5MTフルノーマルです。

G-LimitedなのでNAですが、最終型は最高出力200馬力ということで十分がパワーあると思ってます。

とはいえ、ターボパワーも正直興味ありました。

なんといってもターボモデルは、245馬力。GTとかGT-Sというグレード名で、

GとGTじゃカッコよさが大違いだよ!!!って感じでしたので。

でも旧車だしやっぱりシンプルな方がトラブルも少ないだろうし…

NAの方が状態の良い個体も多そうだし…

そんなにパワーあっても踏む場所ないし…

NAの方が音がクリアだろうし…

ベストオブSW20は5型のGリミテッドという話も‥‥

という事でNAにしました。

前車NB8Cも白だったので、別の色でもよかったんですが、

赤は派手過ぎるのと、5型のカラーバリエーションだと、好みなのが白か黒かしか候補が無く、

結局は状態重視です。黒で良いのがあればそれにしたかもしれません。

 

なんでMR2なのか?

っていう話ですが、

まず、リトラクタブルヘッドライトであること。これです。

で、リアのエンジンフードのグリル。

ディーノ246や512BB、ロータスエリーゼみたいなミッドシップ特有の、

いかにもレースカーみたいな、

垂直に立ったリアウィンドウと、その後ろのエンジンフードが好きでした。

MR2は上の2つの要素を持ってますが、2シーターで、結局NBと乗車人数が同じであることと、

最終型でも1999年式ということで20年経過は免れないという故障リスクの問題がありました。

なので国産最後のリトラクタブルライト車であり、

一応4人乗りであるFD3Sを見に行ったことも有ります。

でもFDはロマンに溢れすぎて私には手に負えなかったので止めておき、

再び照準をSW20に合わせ、NBの車検までに見つかればと思いながら探す事…数か月。

SW20の良い車両と、修理先の検討が付いた事で、

2シーターについては、もう割り切って… いよいよ乗り換える事にしました。

いざ見つかるとNBとの別れが惜しくなって悩みましたけども!

 

正直、SW20のフロントのデザインはライトから鼻先までが遠くてバランス悪いな。なんて思ってましたが、

いざ手に入れてみると、全然そんなこと思わなくなりました(笑) 今はとても満足しています。

 

乗り心地について

乗り心地は結構快適。

オープンカーだったNBは80km/h出したら、どこからともなく風切り音が鳴り、かなりのスピード感があった。

それほど速度は出てなくてもめちゃくちゃ攻めてる感があって、

近所の峠を流すだけでも気分はレーサー笑だった。

それはそれでスポーティーで良いのだけども、

一方のSW20は100km/h出しても60km/hくらいの時と変わらず、安定した感じ。

いい意味で緊張感が無くて疲れにくい。

この辺はSW20はガチガチのスポーツカーではなく、

セクレタリーカー/スポーティーカーだという性質もあるのかも?

そして、アクセルを踏み込んだ時にエンジン音が車内でよく聞こえます。

五月蠅いと聞きましたが、前車がオープンだったからか、そんなにうるさいと思わず。

車内でエンジン音が十分聞こえるので、

これなら別にマフラーを純正から車外品に変えなくても良いなと思いました。

 

見た目について

リトラクタブルのライトと、ミッドシップ感抜群のリアデザインがカッコイイ。

5ナンバーで、今の車とくらべると小さく、見方によっちゃ可愛いのも良い。

5型はリアにデカイ純正の羽がついてて迫力がある。

正直、4型以前の平たい羽の方が上品な雰囲気で良いような気がするが、

5型の象徴ということでそのまま乗ることにする。

今や絶滅危惧種となったリトラクタブルヘッドライトの車で、

見た目もあからさまに車ヲタが乗ってそうな車なので、

これはもうどんな奴が乗ってるんだとばかりに見られるだろうと。

全国のSW20乗り、ひいてはスポーツタイプの車乗りの印象を下げないよう、

身なりに気を遣いながら緊張感を持ってステアリングを握る日々。

 

これから先

スピンしやすいという噂(2型以降はそうでもないらしいが)

なので、潰さないよう運転に気を付けます。

で、パワーアップとかは別にせず、

改造はリフレッシュをメインに、長く乗れるよう維持していきます。

理想的には、定員の多い車が必要になったら自分の家のガレージ(そんなものは未だ無い)

でセカンドカーとして置いといて、

渋いおっさんやジジイの旧車乗りになりたい。

とにかく、できるだけ車は手放さないようにしようとそう思ったのでした。

 

 

 

 

 

-日頃,
-

Copyright© ねてくらすソフトウェア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.